地域おこし協力隊(ふるさと納税応援隊)募集!

最終更新日:平成29年7月31日

 館山市は、東京の中心部から100km圏と、東京都心に近い立地条件にありながら、温暖な気候と、輝く海、緑豊かな自然に囲まれ、新鮮な海産物や多彩な農産物、戦国大名里見氏ゆかりの史跡や寺社仏閣、首都東京防衛の歴史を物語る戦争遺跡、さらには温泉や海の魅力を活かしたスポーツ観光等、多種多様な資源を有しています。
 館山市では、これら豊富な資源を活かしつつ、ふるさと納税を通じた館山市の魅力発信・PR、地場産業の振興等を進めていますが、この制度をさらにブラッシュアップし、地域全体の発展につなげていくために、一緒に取り組んでいただける、新たな視点や斬新なアイデアを有する、意欲ある地域おこし協力隊員を募集します。
館山夕日桟橋と客船「にっぽん丸」
雇用関係の有無 なし
活動概要

★館山市より、右記の地域協力活動を行う旨の委嘱を受けます。
館山市の豊かな地域資源を外からの新たな目線で探究し、ご自身のこれまでに培ってこられた経験やスキルによってそれらを磨き上げ、ふるさと納税を通じた情報発信等を行っていただくとともに、ふるさと納税の全体コーディネートや返礼品の受発注に係る業務の包括受託組織の構築を想定し、業務のビジネス化を検討していただける、アイデアと行動力にあふれた方を募集します。
(1)ふるさと納税制度に係るトータルコーディネート、情報発信
(2)ふるさと納税返礼品受発注業務を主とした事務処理全般
(3)ふるさと納税の推進や地域産品の新たな販路開拓などを行う事業のビジネス化へ向けた諸活動
(4)返礼品の企画立案、ブラッシュアップ
(5)返礼品提供事業者との調整、連携強化
(6)返礼品提供事業者の返礼品発送業務に係る事務処理支援、とりまとめ
(7)その他、地域振興に係る活動で、特に市長が必要と認めたもの
募集条件 以下(1)~(11)のすべてに該当する方
(1)平成29年4月1日現在で、原則20歳以上50歳未満の方(性別不問)
(2)心身共に健康で、誠実に業務を行うことができる方
(3)次のいずれか一方に該当する方
 ・ 現在、三大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎、山村、半島
  等の地域に該当しない市町村)に在住し、隊員として採用された
  場合、館山市に生活拠点を移し、住民票を異動できる方
 ・ 他の地方公共団体での協力隊経験者(隊員経験2年以上、かつ
  解嘱から1年以内の方)
(4)協力隊活動終了後、館山市に定住する意思のある方
(5)普通自動車運転免許を所持している方(オートマチック限定免許可、任用開始日までに取得見込み可)
(6)基本的なパソコン操作(ワード、エクセル、パワーポイント、メール等)ができる方
(7)インターネットやSNSを活用した情報発信ができる方
(8)市職員や地域住民、事業者、関連団体と積極的に関わり、意欲的に関係を築こうと努力できる方
(9)現地域おこし協力隊員(食のまちづくり担当)と協力しながら、事業推進を図れる方
(10)企画立案・販路開拓等を自ら行動して、実践できる方
  (*バイヤー・マーチャンダイザー経験者等歓迎!)
(11)地方公務員法第16条の欠格条項に該当しない方
募集人数 1名
活動場所 館山市(活動拠点:館山市役所企画課内)
活動日時・休暇 原則、月~金曜日、月20日以上(1日7時間45分)
活動日時・休暇等は、随時相談しながら調整します。
なお、年末年始や年次休暇など、特に定める休暇の原因に対しては、報償の支給対象休暇とすることができます。
任用期間・
任用形態
館山市地域おこし協力隊として館山市長が委嘱します。(市との雇用関係は発生しません。)
任期は、委嘱の日から平成30年3月31日まで(ただし、活動状況や成果を勘案し、最長3年間を限度に再任することができます。)
※委嘱日は、平成29年10月1日予定としますが、委嘱予定者と協議の上、決定します。
報償費 月額166,000円
毎月、活動月の翌月21日までに支給します。
(住居費は、別途活動費の一部として、月額5万円を上限に補助します。下記『待遇・福利厚生』項目参照)
各種手当・賞与等の支給はありません。
所定の活動時間を下回った場合は、その分の報償を減額することがあります。
待遇・福利厚生 (1)隊員と館山市とは雇用契約を結ばないため、健康保険・国民年金等は自己負担となります。
(2)活動に必要なパソコン、事務用品等は貸与します。
(3)活動時間中は、公用車の使用が可能ですが、市内での生活や通勤手段として、自家用車は必要不可欠です。自家用車等の持ち込みをお勧めします。
(4)住居はご本人でご用意いただきます。(物件探し等は相談に乗ります。)
ただし、月額5万円を上限に、生活支援としての住居費を、予算の範囲内で市が補助します。
(5)引っ越しにかかる費用や生活に必要な費用(水道光熱費、食費、生活備品購入費等)などは自己負担となります。
(6)その他、活動に関連する諸経費(車両借上料、傷害保険料、出張旅費、研修負担金等)は、活動費として予算の範囲内で市が補助します。
(7)活動内容に関係がある場合や、活動に支障がない範囲においては、兼業をすることができます。
応募受付期限 平成29年8月31日(木)必着
審査方法 (1)第1次選考
書類審査の上、結果を9月中旬(予定)に応募者全員に文書で通知します。
【応募書類等】
次の提出書類を下記問合せ先まで、郵送又は持参してください。
提出された応募書類は返却いたしません。
●館山市地域おこし協力隊(ふるさと納税応援隊)応募用紙(別紙様式)→ 必要事項記載
●履歴書→ 書式は任意。写真(6ヶ月以内撮影・上半身・無帽・正面)貼付必須。
●住民票 
(2)第2次選考
第1次選考合格者を対象に、面接等を行います。日時及び会場等の詳細は、第1次選考結果通知の際にお知らせします。
最終結果は、9月下旬(予定)に第2次選考出席者全員に文書で通知します。
※応募にかかる費用(書類郵送代,交通費,宿泊費等)はすべて応募者の負担となります。
お問合せ先 館山市総合政策部企画課政策係
〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
TEL 0470-22-3163 FAX 0470-23-3115
Eメール kikakuka@city.tateyama.chiba.jp
【館山市地域おこし協力隊(ふるさと納税応援隊)応募用紙】
このページについてのお問い合わせ
総合政策部企画課政策係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3163 0470-22-3147   ファックス:0470-23-3115
E-mail:kikakuka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?