里見氏安房国替400年行事について

最終更新日:平成26年9月16日

 里見氏が安房国から伯耆国(現在の鳥取県倉吉市)へ国替となって今年で400年となります。

 この節目に『房総里見氏170年の軌跡 ~里見氏安房国替400年~』と題し、下記の行事を開催します。

 ※このシンポジウムは全国モーターボート競走施行者協議会からの拠出金を受けて実施するものです。

房総里見氏170年の軌跡 ~里見氏安房国替400年~

里見氏安房国替400年行事   【行事名】 房総里見氏170年の軌跡
          ~里見氏安房国替400年~
 
   【日 時】 平成26年10月19日(日)
          開場 11:30  開演 12:00

    【会 場】 千葉県南総文化ホール(大ホール)

    【入場料】 無料


  ※期間開催※
   房総里見氏170年の軌跡 パネル展
    写真家 嶋津 敬氏写真展『里、見渡せば里見人』
    【日 時】 平成26年10月11日(土)~19日(日)
     【会 場】 千葉県南総文化ホール(ギャラリー)
    【入場料】 無料

国替とは

 房総半島において、外様大名として君臨していた里見氏、その勢力は江戸幕府にとっても脅威となっていました。
 里見氏10代里見忠義は、1614年(慶長19年)に祖父であった大久保忠隣の犯した罪を理由に安房国から伯耆国倉吉(鳥取県倉吉市)に国替されてしまいました。
 この事実は、里見氏の終焉を意味しますが、同時に東京湾での当時の里見氏の実力を江戸幕府が恐れていたということの象徴とも言えます。 
                伯耆国地図                                  

連携行事について

 また、節目の年を盛り上げるため、様々な連携行事が実施されます。
 行事の実施スケジュールについては、次のとおりとなります。(既に実施済みの行事も含む。)
 
日程 行事名 主催
4月6日~4月21日 里見氏安房国替400年記念行事
「南総里見手づくり甲冑展」
里見氏大河ドラマ化実行委員会
6月7日 里見武将国府台戦後450年供養祭 里見氏大河ドラマ化実行委員会
7月13日 講演会「城から探る安房の地域史」 安房歴史文化研究会・
歩いて学ぶ里見氏の会
9月6日~10月19日 館山市立博物館 里見氏安房国替400年特別展(第1期)
「里見氏の遺産・城下町館山-東京湾の湊町-」
館山市立博物館
9月23日 特別展講演会「城下町の歴史-中世から近世へ-」 館山市立博物館
10月5日 歴史教室「わたしの町の歴史探訪-館山城下町-」
(館山地区内)
館山市立博物館
10月18日 第33回 南総里見まつり 南総里見まつり実行委員会
里見氏安房国替400年の供養祭(供養及び演舞の奉納)
(館山城頂上広場)
房総里見会
2月14日~3月22日
(平成27年)
館山市立博物館 里見氏安房国替400年特別展(第2期)
「里見氏の遺産・古文書」
館山市立博物館
3月21日 里見歴史紀行 秋元城跡 国史跡長柄古墳群ほか見学 歩いて学ぶ里見氏の会
このページについてのお問い合わせ
総合政策部企画課政策係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3163 0470-22-3147   ファックス:0470-23-3115
E-mail:kikakuka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?