インフルエンザ警報の発令について。

最終更新日:平成29年1月30日

 感染症発生動向調査において、2017年第3週(1月16日~1月22日)の定点当たり患者報告数が37.90となり、国の定める警報基準値(30)を超えました。
 県は、インフルエンザの予防対策をさらに徹底するよう注意を喚起するため、平成29年1月25日に「インフルエンザ警報」を発令しました。
 インフルエンザは、突然の高熱、頭痛、関節痛など、普通の風邪に比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併し重症化することが多いので、体力のない高齢者や乳幼児などは、特に注意が必要です。

https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/press/2016/infulu-keihou20170125.html
(千葉県庁ホームページ)

●管内でインフルエンザ患者の報告数が増えています。

 安房保健所管内で、感染症発生動向調査の2017年第3週(1月16日~1月22日)の定点当たり患者報告数が18.29となり、第2週から国の定める注意報基準値(10)を超えています。
 また、インフルエンザによる学級閉鎖や 学年閉鎖の措置をとる学校も増えてきました。学校や施設においては引き続きまん延防止に努めていただきますようお願いいたします。

 
このページについてのお問い合わせ
健康福祉部健康課予防係 住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター2階
電話:0470-23-3113   ファックス:0470-22-6560
E-mail:kenkouka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?