館山市バイオマスタウン構想

最終更新日:平成24年4月26日

 館山市のバイオマスの利活用について将来的な方向性を示した「館山市バイオマスタウン構想」が,農林水産省の審査を経て公表されました。
 この構想は,専門家を養成する国の補助制度を活用して策定したもので,バイオマスに関連した事業を行う場合に、国の交付金が受けやすくなります。
 今回策定した構想の特徴は,温暖な気候と海に囲まれた地理的条件を生かし,既に一部取組みが行われている家畜排せつ物,し尿や浄化槽汚泥などの堆肥化及び食品残渣の飼料化に加え,観光船や観光施設等にバイオマス燃料を利用するなど,観光立市の施策とバイオマスの組み合わせが,盛り込まれていることです。
 今後,利活用を推進するためには,多くの関係者の主体的な取組みが重要なことから,バイオマスに関する情報の提供や勉強会等の開催など,普及・促進を図ることにより,新たな取組みが生まれてくればと,期待しています。

Adobe Reader ダウンロード PDF形式の閲覧には、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、下記ページからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ
建設環境部環境課環境対策係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3352   ファックス:0470-23-3116
E-mail:kankyouka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?