館山市名誉市民

最終更新日:平成25年11月8日

 市では市民又は市に縁故の深い方で、広く社会の発展、文化の興隆又は公共の福祉の増進に多大の貢献をし、その功績が卓絶で市民の師表と仰がれる方に対して、館山市名誉市民の称号を贈り、その功績を称えています。
 これまでに18名の方が受章されており、現在、名誉市民として活動いただいているのは以下の3名の方です。
 
 安田 豊作 氏  平成11年11月3日該当
 昭和6年3月教員初任以来、約41年間にわたり学校教育に情熱を注がれ、郷土の多くの子どもたちを育み、館山市教育を先進事例として全国に誇り得る、学習環境の向上に大きく貢献されました。富崎小、鴨川小、北条小の校長を歴任後、昭和47年10月から12年間、館山市教育委員会教育長として、学校統廃合の推進による適正規模校化の推進や校舎全面改築を実施するなど、館山市の教育環境の向上に貢献されました。
 黒川 浩 氏 平成21年11月3日該当
 50年以上にわたってストックの栽培を手掛けている、日本を代表するストック育種家であり生産者です。これまでに「雪波」「朝波」など60種類以上に及ぶストックを生み出し、これらは日本の切り花生産に使用されているストックの80%を占め、「黒川ストック」と呼ばれています。
 この功績により平成4年に園芸学会功労章、平成14年に農林水産省第4回民間部門農林水産研究開発功績者農林水産技術会議会長賞を受賞されています。
 本間 明 氏 平成25年11月3日該当
 昭和60年5月から平成15年12月まで館山商工会議所会頭に就かれ、館山商工会館の建設をはじめ、市内小規模企業対策として経営者の意識改革や企業の体質改善、近代化のための中小企業相談所の充実を図るなど、市の経済振興に多大な足跡を残されています。
 また、館山市の様々な重要施策に各種審議会委員としての手腕を発揮されると同時に、館山法人会会長や館山市社会福祉協議会会長等数々の要職を歴任されるなど、地域経済はもとより、地域福祉発展のために尽力されました。
関連リンク
このページについてのお問い合わせ
総合政策部秘書広報課秘書係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3122   ファックス:0470-23-3115
E-mail:hisyoka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?