平成30年度 活弁八犬伝

最終更新日:平成30年9月29日

平成30年度歴史教室「活弁八犬伝」は終了いたしました。
たくさんのご参加ありがとうございました。


この講座は、錦絵やイラストを交えて八犬伝の名場面を活弁方式で解説するものです。この機会に、全106冊という壮大な八犬伝の世界に触れてみてはいかがでしょうか。

【活弁とは】
「活動写真弁士」の略です。
無声映画の上映において、作品の時代背景や内容・セリフなどを調子よく語る解説役です。
この講座では、場面に合った錦絵や写真をスクリーンに映しながら、ストーリーをわかりやすく語っていくので「活弁」というタイトルにしています。
版本106冊

日時

第1回 8月25日(土)13:30~15:00

二人の浜路(はまじ)

八犬士の一人である犬塚 信乃(いぬづか しの)の前に、過去に死んだ幼馴染と同じ名前の女性・浜路(はまじ)が現れる。不思議な運命を感じる信乃だったが、浜路の父親が殺され、信乃が犯人だと疑われてしまう。
果たして信乃は無実を証明できるのか。

第2回 9月29日(土)13:30~15:00

八犬士 危機一髪

旅の途中で盗賊を捕まえ、上機嫌の犬田 小文吾(いぬた こぶんご)犬川 荘助(いぬかわ そうすけ)だったが、過去の行いのせいで領主の母親から恨みを買い、捕縛されてしまう。
このままでは斬首は免れない。果たして二人は逃げられるのか。

会場

館山市立博物館 本館 集会室
※駐車場は城山公園 駐車場をご利用ください。

対象

小学生以上(親子連れ大歓迎)

定員

各回30名(当日先着順
当日会場に直接お越しください。

参加費

各回100
※入館料はかかりません。
このページについてのお問い合わせ
館山市立博物館学芸係(本館) 住所:〒294-0036 千葉県館山市館山351-2 城山公園内
電話:0470-23-5212   ファックス:0470-23-5213
E-mail:hakubutukan@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?