紙芝居で学ぼう!「青い目の人形」

最終更新日:平成27年7月29日

紙芝居「生きていた青い目の人形」は、終了しました。ご来館ありがとうございました。

 現在開催中の収蔵資料展「戦時のたてやま」では、君津・安房地域に残された「青い目の人形」5体を特別公開しています。
 これに関連して、以下のとおり紙芝居の上演を行います。青い目の人形について、お子さんにも分かりやすくお話しします。
 
紙芝居「生きていた青い目の人形」
紙芝居「生きていた青い目の人形」

内容

紙芝居「生きていた青い目の人形」(宮﨑二美枝脚本・松苗禮子画)を、作者である松苗さんが上演します。
 

日時

8月8日(土)、22日(土)、29日(土)
※時間はいずれも午後1時30分~(15分間程度)
※8月22日(土)は、紙芝居の上演後、展示室にて担当学芸員による展示解説会を行います。
 

会場

館山市立博物館本館 集会室
〒294-0036 千葉県館山市館山351-2城山公園内

参加費

無料(ただし入館者対象)
このページについてのお問い合わせ
館山市立博物館学芸係(本館) 住所:〒294-0036 千葉県館山市館山351-2 城山公園内
電話:0470-23-5212   ファックス:0470-23-5213
E-mail:hakubutukan@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?