安房学講座

最終更新日:平成29年6月5日

館山市文化財保護協会と館山市立博物館で運営する安房学講座では、博物館本館のメインテーマである「安房の歴史と文化」と、渚の博物館のメインテーマである「房総の海と生活」について、地元の研究者や安房地方を研究している研究者が講師となり、分かりやすく講演します。  

参加について

日程・演題・講師(平成29年度)

今年度は、曜日が例年と異なりますのでご注意ください。
 
  日時 演題 講師
1 6月7日(水)
 13:30~  15:30  
 重要有形民俗文化財
「房総半島の漁撈用具」から感じたこと
‐イカと海苔を中心に‐
尾上 一明 氏
(浦安市郷土博物館) 
2 7月5日(水)
13:30~15:30
 日本は海士(あま)が造った 道澤 明 氏
(横芝光町教育委員会) 
3 8月3日(木)
13:30~15:30
安房の海の生活文化
‐海のさち・祈り・職人のわざ‐
小川 浩 氏
(民俗文化研究所) 
4 9月6日(水)
13:30~15:30
安房の高僧-智山能化(ちさんのうけ)を中心として- 伊藤 尚徳 氏
(極楽寺 住職) 
5 10月4日(水)
13:30~15:30
 安房の自由民権運動と加藤淳造 佐久間 耕治 氏
(房総自由民権資料館) 
6 12月6日(水)
13:30~15:30
 戦国大名の実像-安房里見氏を通して- 柴 裕之 氏
(千葉県文書館)
※文書館出前講座として実施
7 1月10日(水)
13:30~15:30
 明治時代の道路改良事業 岡田 晃司 氏
(館山市立博物館) 
8 2月3日(土)
13:30~15:30                                                      
安房における伊勢御師と俳諧ネットワーク 笹川 裕 氏
(習志野市立第三中学校)
                   ※日時・演題等は変更になる可能性があります。ご了承ください。

会場

 館山市館山1564-1 ”渚の駅”たてやま 海辺の広場レクチャールーム

費用

各回200円

参加方法

参加を希望する人は、開始時間までに直接会場まで起こしください。

定員:60人(当日先着順)

Adobe Reader ダウンロード PDF形式の閲覧には、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、下記ページからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ
館山市立博物館学芸係(本館) 住所:〒294-0036 千葉県館山市館山351-2 城山公園内
電話:0470-23-5212   ファックス:0470-23-5213
E-mail:hakubutukan@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?