平成23年度外部評価

最終更新日:平成24年4月26日

 平成23年8月27日(土)、館山市コミュニティセンター第1集会室を会場に、第5回館山市「事業仕分け」を行いました。
 市では、財政収支の均衡回復が大きな課題であり、限られた財源の中で、効率的で効果的な行政サービスの提供や事業展開が求められていることから、平成19年度から「事業仕分け」を実施しています。
 「事業仕分け」は、予算の削減ありきではなく、事業の意義や必要性について、公開の場で外部の視点により議論・評価することで、効率的・効果的な運営、コストの削減、行政サービスの向上のほか、事業に対する行政の説明責任の徹底や職員のさらなる意識改革の推進を目指します。
 今年度の「事業仕分け」は、昨年度に引き続き、館山市行財政改革委員会の委員(5名)を評価者として、以下の5事業を対象に実施しました。
 (1)市有財産の管理(未利用市有地の売却等)
 (2)庁内OA機器等の管理
 (3)公共下水道の水洗化普及促進
 (4)図書館の管理・運営
 (5)市議会会議録の作成

●評価者
 館山市行財政改革委員会委員(敬称略:50音順)
  石井 真弓 (公募)
  鹿谷 雄一 (行政研究員)
  髙梨 晃一 (公募)
  西村 芳明 (司法書士/委員長)
  溝口 暁美 (経営コンサルタント)

●「事業仕分け」の結果について
 当日の結果は、最終結論ではありません。
 今後、評価結果や、事業ごとに展開された議論の内容を踏まえて、市民の目線での改革に向けて、各事業のあり方を検討の上、順次、具体的な改革・改善などの見直しを進めていく予定です。

Adobe Reader ダウンロード PDF形式の閲覧には、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、下記ページからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ
総務部行革財政課行財政改革係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3235   ファックス:0470-23-3115
E-mail:gyouzai@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?