指定管理者制度

最終更新日:平成25年9月27日

指定管理者の募集をしています。関連リンクをご覧ください。

指定管理者制度とは

 公(おおやけ)の施設の管理に民間のノウハウを活用して、多様化する市民ニーズに効果的・効率的に対応しながら市民サービスの向上と経費の削減を図ることを目的として、平成15年の地方自治法の改正により新たに創設された制度です。
 これにより、公共的団体などに限られていた公の施設を民間事業者やNPO団体などにも行わせることができるようになりました。
 千葉県では、市内の県営施設(南総文化ホール、館山運動公園など)に指定管理者制度を導入することにより、開館時間の延長など住民サービスの向上や運営経費の削減など効果をあげています。

指定管理者制度の導入方針

 指定管理者に管理運営を委ねることが適当な公の施設について、今後指定管理者制度の導入を検討していきます。
関連リンク
このページについてのお問い合わせ
総務部行革財政課行財政改革係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3235   ファックス:0470-23-3115
E-mail:gyouzai@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?