第4回定例会通告質問

最終更新日:平成24年4月26日

平成21年第4回館山市議会定例会通告質問


三 澤   智
一 高齢者対策について
 1 館山市福祉課、地域包括支援センター、民生委員、福祉協議会等とのつながりと仕事内容について
 2 病院や買い物に行く時にマイクロバス(ワゴン車)の運行について
二 まちなか再生の取り組みについて
 1 居住・定住促進について
 2 危険老朽空き家対策について
三 体験型・交流型観光について
 1 ウォーキングとサイクリングへの取り組みについて
 2 サンセットクルーズとランチクルーズについて
 3 今後の船形港の利用とふれあい市場の活用について

本 多 成 年
一 11月に行われた市有地等の公売について
 1 入札の結果はどうなったか。
 2 その他、公売に掛けられるような土地はないか。
 3 館山市所有の土地に掛る維持費は年間どのくらいかかっているか。
二 地域活性化補助金の成果はどうか
 1 4月の補正予算で計上した緊急雇用創出事業及び、ふるさと雇用再生特別基金事業について、各事業についての成果、雇用状況はどうか。
 2 来年度以降、民間提案の事業について取り上げる予定はないか。
三 館山港多目的観光桟橋の整備について
 1 商工会館で行われた説明会以降の物販施設、及び水族館の進展状況はどうか。
 2 桟橋は着々と進んでいるようであるが、3月完成となるのか。又、工事完成にともなう竣工式はどのような形でおこなわれるのか。
四 児童手当について
 1 現在の児童手当の状況(支給額・補助率・館山市の負担)はどうか。
 2 現在導入が予想されるこども手当に変わった場合、現在の児童手当とどう変わり館山市及び市民の負担はどのように予想されるか。

山 口 安 雄
一 館山市は、行財政改革をしているが、何故効果が出ないのか。理由は何処にあると分析されておりますか、お示しください。
二 今、国で行われている事業仕分けは、平成22年度予算編成に何処まで関連すると予測されますか。対応策についてお伺いします。
三 観光立市館山として「事業対効果」を再検証すべき時期に入ったと思うが、如何でしょうか。具体的に検証内容についてお示しください。

秋 山   貴
一 観光立市たてやま行動計画の進捗状況について
 1 費用対効果を考慮した効率的・効果的な投資について
 2 PDCAサイクルの考え方を基本とした事業実施について
 3 行動計画推進部会の開催状況及び協議内容について
二 行財政改革の進捗状況について
 1 情報公開について
 2 22年度に重点的に取り組む行財政改革の施策について
 
真 田 司 郎
一 館山市の21年度予算執行の支障について並びに22年度予算について
  政権交代による平成21年度予算及び平成21年度補正予算が、政府によって予算執行が見直される中、館山市の進めてきた施策や事業について財源問題で執行に支障は無いかお伺い致します。
  又、経済不況になった本年、来年22年度予算についての展望と、姿勢をお伺い致します。
二 行政改革における事業仕分けについて
  政府の行政刷新会議が事業仕分けを開始しており賛否両論の中、長年にわたって硬直化予算配分にメリハリをつけようとする方向で仕分けを行っておりますが、同様に館山市は既に「事業仕分け」を実施しております。その「館山市」の仕分けをした評価と成果についてお伺い致します。
三 農地法改正による今後の対策について
  自給率低下が叫ばれる中、農業振興を図る必要があるため、この10月に「農地法の改正に伴い農地制度の見直し」がされ賃借権や集落営農法人、遊休農地対策、優良農地の確保、納税猶予等の見直しがされました。これら改正による館山市の農政振興対策についてお伺い致します。
四 介護基盤緊急整備事業の交付について
  一次補正の介護基盤緊急整備事業として申請者に対し交付金が交付されますが、館山市の整備計画はどのようになっているかお伺い致します。
五 鳥獣被害防止対策の強化について
  鳥獣被害が各地域で問題となっており、防止対策として館山市としても鳥獣被害対策に奮闘しております。しかしながら、農業従事者等の鳥獣による実被害は拡大傾向にあります。そこで館山市での被害防止計画は既に作成されていますが、館山市の鳥獣被害の状況の実態についてお伺い致します。また、今後の館山市の軽減対策についてお伺い致します。
六 自主防災組織の「活動マニュアル」について
  災害発生時における救出・救護については常備消防に頼らなければなりませんが、消防車・救急車が到着までに近隣住民の協力により少しでも被害を軽減しなければなりません。昨年各地域で設置された自主防災組織の役割が大切であります。そこで自主防災組織の「活動マニュアル」は作成されておりますかお伺い致します。
七 エコツーリズムの推進について
  08年にエコツーリズム推進法が制定され市町村が主体となり「推進協議会」を設置し「全体構想」を作成することになっていますが、館山市の現況と取り組みについてお伺い致します。
八 下水道事業の見直しについて
  現在、下水道事業が第2期工事に着手しており24年度終了予定ですが、近年、市の財政が厳しくなっており、下水道事業費が多大で事業続行であれば事業費が大きく財政に影響を与えると想定されますが、2期工事完了後は事業の凍結を考えているかお伺い致します。

内 藤 欽 次
一 館山桟橋とその関連施設の工事の現状と今後の問題点について
  いよいよ来年3月の完成予定です。はたして、市の財政を潤すような準備が出来ているのか。
二 ウミホタルの生息状況について
  市は関係団体とも協力して本格的な調査などに取り組んでほしい。市の誇るべきものをなくさないように。
三 新型インフルエンザによる市民の不安を取り除き安全安心の対策について
四 スクールバスの運行協力金の廃止について
五 市の発行のだん暖たてやま70周年記念特集号について
  そのなかのあゆみの欄において「平和都市宣言」の記載がない。今、核兵器の全面禁止の動きが、全世界で大きく起こっています。市もこの宣言を大切にすべきです。

榎 本 祐 三
館山市の財政の課題の取組みに関して
一 監査委員の審査意見書で、経常収支比率を100%以下の正常値に戻すため、次の項目の徹底した努力を求められたが、具体的な取組み状況はどのようになっているか。
 1 事業規模の縮小
 2 人件費その他経常的経費の削減
 3 各種補助金の見直し
二 平成20年度決算認定に際し、議会として次の事項を着実かつ、速やかに実施することを強く求める附帯決議をしたが、これに対する具体的な取組み状況はどのようになっているか。
 1 市の厳しい財政の現状を市民に周知し、理解と協力を得ること。
 2 市の執行部、職員及び議員が一丸となって健全財政の確保に努めること。
 3 監査委員の審査意見書の中で示された事項を厳格に履行すること。
三 市民に財政の「非常事態宣言」をして、市民に危機感を共有してもらい、具体的な取組みを明らかにして、全市一丸となって徹底した努力をする必要があると思うが、どのように考えるか。

吉 田 正 二
一 学校再編における基本的指針を作成し、地域説明会を実施するとしているが、指針の内容と説明実施時期及び学校再編に伴う地域再編に関して。
 (平成21年3月30日に館山市学校再編調査検討委員会より子供たちの教育環境を軸とした再編の方向性や基本的な考え方について答申が提出され、答申内容を尊重しながら学校再編における基本的な指針を作成し、今年度末から地域説明会をおこなうとしていますが、指針の内容と説明実施時期について。
 学校再編により廃校となる学校の活用や過疎化していく地域の再編と活性化対策を考慮していますか。)
二 流行期に入ったとされる新型インフルエンザの現在までの状況と対応に関して。
 (新型インフルエンザの流行期に入っているとされる現在の状況と集団感染を防ぐために学校や保育園及び公共機関の施設利用など、実際の対応はどのように行われていますか。) 
三 館山市内の母子家庭と父子家庭の現状及び扶助費の現状と経年変化に関して。
 (館山市内の母子家庭と父子家庭の現状と助成の内容についてどのようになっているのか。不況時の現在、扶助費は増加傾向にあると思うが、経年変化も含めて伺います。)

三 上 英 男
一 千葉県市町村総合事務組合の運営について3点質問します。
 1 組合の平成21年度当初予算はいくらか。
 2 加入市町村負担金の総額はいくらか。
 3 館山市における直近3ヵ年の退職者数と退職金はそれぞれいくらか。
二 経常収支比率が101.5%になったことは危機的状況であると認識している。このような状況を是正するためには市民サービスの低下もやむを得ないと思うがどうか。  
三 職員1人に1台のパソコンを、1課に何台というように見直しできないか。

小 沼   晃
一 安房広域圏で建設計画が進められている「広域ゴミ処理施設」について、行程が度々変わり完成目標年が先送りされるなど道筋が不透明、現時点での判断をお聞かせ下さい。
二 ゴミ(資源・可燃等)処理のコスト軽減という観点から収集方法を見直そうとする考えはないか。
三 農業の維持・振興につながる小規模な土地改良事業に対する助成措置を復活する考えはないか。
 (平成17年度に廃止された「館山市小規模土地改良事業補助金交付要綱」の再活用)
四 市道4040号線(見物~小沼)の見通しの良くないカーブの改良工事について、経過と今後の見通しをお聞かせ下さい。

鈴 木 順 子
一 多様化する消費者相談について
 1 現行の体勢で十分か
二 新桟橋周辺の整備について
三 庁舎エレベーター設置の具体的検討結果はどうであったか
四 虐待について
 1 児童虐待の担当に権限のある職員の増員を求めるがどうか
 2 高齢者虐待状況及びその対応について 
このページについてのお問い合わせ
議会事務局議事係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3527   ファックス:0470-23-3115
E-mail:gikai.j@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?