平成30年度鏡ケ浦クリーンセンター見学会の様子

最終更新日:平成30年8月1日

 鏡ケ浦クリーンセンターで平成30年7月22日に見学会を開催しました。
 多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。
 当日は館山市のマスコットキャラクター“ダッペエ”も参加し、一緒に下水道の仕組みを楽しく学びました。
 写真を見て興味を持った方は、ぜひ来年の見学会にご参加ください。

 

見学会の様子

下水道と処理場の仕組みについて
下水道と処理場の仕組みについて
 
 
 下水道の仕組みと、鏡ケ浦クリーンセンターがどうやって水をきれいにしているかを説明しています。
ビデオ上映
監視制御室
監視制御室
 
 監視制御室にあるコンピュータでセンター全体の処理状況を監視しています。
マンホールポンプ設備
マンホールポンプ設備
   
 下水管から流れてきた水をくみ上げるポンプ設備です。
最初沈殿池
最初沈殿池
   
 処理場に入ってきた汚水のサンプルをもとに、汚れを除去していく流れを説明しています。  
 汚水は最初沈殿池をゆっくりと通過し、沈みやすい重い汚れは池の底に沈んでいきます。  
 浮いている汚れ(浮遊物質)は、スカムスキマーという装置でかき集められて取り除かれます。
反応タンク
反応タンク
 
 最初沈澱池を通った水は、微生物の集まった「反応タンク」(写真の矢印の部分)に入ります。  
 微生物の働きによってさらに細かい汚れが取りのぞかれます。
最終沈澱池
最終沈澱池
   
 反応タンクで処理した水を、きれいな水(上澄み水)と汚れに分けるための設備です。
塩素混和池
塩素混和池

 最終沈殿池を通過した水は、最後にここで塩素によって消毒され、放流されます。
水質検査室
水質検査室
 
 水をきれいにする微生物の様子を顕微鏡で観察しています。
ダッペエ
ダッペエ
 
子供たちに参加賞を渡すダッペエです。
ダッペエ写真2
このページについてのお問い合わせ
建設環境部下水道課管理係 住所:〒294-0054 千葉県館山市湊465-1
電話:0470-22-3661   ファックス:0470-29-7601
E-mail:gesui@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?