下水汚泥に含まれる放射性物質の検査結果

最終更新日:平成29年5月23日

下水汚泥に含まれる放射性物質の検査結果について

館山市下水道課では、鏡ケ浦クリーンセンター(下水道終末処理場)から採取した下水汚泥に含まれる放射性物質を年4回検査しています。
これまでの検査結果はいずれの項目も『不検出』です。
なお、鏡ケ浦クリーンセンターで発生した下水汚泥は、県内の最終処分場にて焼却後、埋立て処理を行っています。
 
 検査結果(平成29年5月23日現在)  
試料採取日 項  目 測定値 検出下限値
(ベクレル/Kg) (ベクレル/Kg)
平成29年5月9日 放射性ヨウ素131 不検出 10
放射性セシウム134 不検出 10
放射性セシウム137 不検出 10
 
平成29年2月2日 放射性ヨウ素131 不検出 10
放射性セシウム134 不検出 10
放射性セシウム137 不検出 10
 
平成28年11月2日 放射性ヨウ素131 不検出 10
放射性セシウム134 不検出 10
放射性セシウム137 不検出 10
 
平成28年8月3日 放射性ヨウ素131 不検出 10
放射性セシウム134 不検出 10
放射性セシウム137 不検出 10

 ※ 検査機関
   日鉄住金環境株式会社
 
※ 検出下限値とは、検出可能な最低濃度のことです。なお、平成24年1月1日施行の東日本大震災に関係する特別措置法に基づき検出下限値が変更されました。 

※  「不検出」とは、放射線濃度が検出下限値を超えないことを意味します。 また、採取量や汚泥の状況などにより、検出下限値は異なります。 
このページについてのお問い合わせ
建設環境部下水道課施設係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3674   ファックス:0470-23-3116
E-mail:gesui@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?