小中学校転校等の手続き

最終更新日:平成28年4月1日

館山市内に転入する場合

・在学中の学校から(1)「在学証明書」(2)「教科書給与証明書」を受け取ってください。 ・居住する市区町村で転出手続きをしてください。 ・市民課で転入手続きをしてください。 ・転入した学区の学校に,(1)と(2)を提出して下さい。

館山市外へ転出する場合

・在学校に転出する旨を申し出てください。(1)「在学証明書」(2)「教科書給与証明書」が交付されます。 ・市民課で転出手続きをしてください。 ・転出先の学校に,(1)と(2)を提出して下さい。 ※転出先により手続き方法が異なります。詳細は転出先の市区町村教育委員会へお問い合わせください。

館山市内で転居する場合

≪学区が変わり転校する場合≫
   ・現在の学校から(1)「在学証明書」と(2)「教科書給与証明書」を受け取ってください。
   ・市民課で転居の手続き後,学区の学校に(1)と(2)を提出してください。

≪学区の学校以外へ就学を希望する場合≫
   ・下記の「学区外の小中学校に通いたい場合」の(1)を参照してくだい。



 

学区外の小中学校に通いたい場合

(1)市立小中学校の学区については通学区域一覧に定めるとおりですが,事情により学区以外の学校への
  就学を希望する場合には,指定学校変更許可申請が必要になります。(申請書は,こちら

(2)市外に居住(住民登録)している場合で,事情により館山市立小中学校への就学を希望する場合には,
  区域外就学申請が必要になります。

(3)市内に居住(住民登録)している場合で,事情により他市区町村立小中学校への就学を希望する場合
  には,学校所在地の教育委員会へ区域外就学申請が必要となります。
  (詳細は,該当市区町村教育委員会へお問い合わせください。)

学区外(指定学校変更)または区域外就学が許可となる理由は下記の表のとおりです。

 ※いずれの場合も学校の受入態勢が整っており,通学の安全上支障がないことが条件となります。
 
※理由によって提出する証明書類が異なります。詳細については,教育総務課までお問い合わせください。
  
区分 許 可 事 由 許可期間 添付書類
1 学年(期)途中に通学区域外へ転居等をし,引続き現就学校に通学を希望する場合 当該年度
(年度毎更新)
 
2 卒業学年において通学区域外へ転居等をし,引続き現就学校に通学を希望する場合 当該年度  
3 地理的条件,通学上の安全面において考慮を必要とすると思われる場合 当該年度
(一部地域卒業まで)
 
4 共働き等保護者の就労に係わる事情により,やむを得ず児童・生徒を第三者に預けなければ通学が困難と認められる場合 当該年度 就労証明書・
預かり承諾書等
5 入学又は新学期当初に転居等を予定し,転居までの期間,現住地から転居予定地区域の学校に就学を希望する場合 当該転居等までの期間
(当該年度)
転居予定地や時期を証明する書類の写し
6 兄・姉が指定学校変更を承認された場合,学校と家庭との連絡などの関係から,兄・姉と同一の学校に通学させることが適当と認められる場合 兄・姉と同様 兄・姉の許可書の写し(紛失等は,お申し出ください。)
7 隣接する他の通学区域への転居等で,引続き現就学校に通学を希望し,かつ通学が可能な距離・手段・期間等であると認められる場合 当該年度
(年度毎更新)
 
8 修学旅行・運動会等の学校行事への参加の場合 事由解消まで  
9 心身の疾患等で通院に都合がよい場合 当該年度
(年度毎更新)
医師等の診断書
10 その他教育委員会が特に必要と認める場合 当該年度
(年度毎更新)
 
 ※この基準は変わることがありますのでご注意ください。
 ※館山市内に居住(住民登録)している児童等の指定学校変更許可申請について,平成27年度分から,
   事由により卒業までの申請を可能とします。
   (館山市以外に居住する児童等の区域外就学申請については,原則,該当年度毎に申請が必要です。) 
 ※決定の通知が届くまでに一週間前後かかりますので,許可期間満了にご注意ください。  


<注意事項>
 小学校入学時の「幼稚園の友達と同じ学校に入学したい」という友人関係を理由とする指定学校の変更は,認められません。


 
このページについてのお問い合わせ
教育委員会教育部教育総務課学校教育係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3694   ファックス:0470-25-5605
E-mail:kyousoumu@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?