一斉帰宅抑制のため、災害発生時は移動を控え、落ち着いた行動を!

最終更新日:平成26年1月23日

~災害発生時は、むやみに移動を開始せず、落ち着いた行動を~

職場や学校、外出先など、自宅から離れた場所にいるときに、大規模な災害が発生すると、公共交通機関が運行を停止し、自宅へ帰ることが困難になることが予想されます。
しかし、災害発生時に多くの人が一斉に徒歩で帰宅を始めると、災害時に優先されるべき救助・救急活動の妨げとなるばかりでなく、火災や沿道の建物からの落下物などにより負傷する恐れがあり大変危険です。 


 

災害発生時には「むやみに移動を開始しない

○ まずは自分の身の安全を確保しましょう。
○ 職場や集客施設等の安全な場所にとどまりましょう。
○ 災害用伝言サービス*により家族の安否や自宅の無事を確かめましょう。
○ 交通情報や被害情報などを入手しましょう。 


 * 発災直後の安否確認の手段として、災害用伝言サービスが活用できます。
  
    災害用伝言サービスは、毎月1日や15日などが体験日となっていますので、
    あらかじめ使用方法を体験しておきましょう。
   
   ○ 災害用伝言ダイヤル(171)
      固定電話の番号あてに音声による安否情報を録音・確認できます。
      171をダイヤルし、ガイダンスに従ってメッセージの登録・確認をしてください。
      一般電話、公衆電話、携帯電話、PHS、スマートフォンから利用ができます。
   ○ 災害用伝言板これらは、毎月1日や15日などに体験利用が可能です。
      文字情報による伝言の登録と確認ができます。
      各携帯会社のトップページから「災害用伝言版」を選択してメッセージを登録・確認してください。
      インターネットに接続できる携帯電話、PHS、スマートフォンから利用できます。 

日ごろから準備しておきたいこと

○ 携帯ラジオや地図を持ち歩きましょう。
○ 職場などに歩きやすいスニーカーや懐中電灯、手袋、飲料水や食料などを用意しておきましょう。
○ 事前に家族などと発災時の安否確認の方法や集合場所を話し合っておきましょう。
○ 徒歩やバスにより帰宅経路の状況を確認しておきましょう。 

徒歩帰宅者支援の取り組み

千葉県を含む九都県市では、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、ガソリンスタンド等と徒歩帰宅支援に関する協定を締結しています。
 これらの店舗では、災害発生時に水道水やトイレの提供のほか、道路交通情報などを可能な範囲で提供して頂けます。
こうした店舗には、「災害時帰宅支援ステーションステッカー」が掲示されていますので、日頃から帰宅経路の店舗の場所を確認しておくと安心です。
 
  ※九都県市:千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、千葉市、さいたま市、横浜市、川崎市、相模原市  ○コンビニエンスストア等
○コンビニエンスストア等
○千葉県石油商業組合に加盟する県内のガソリンスタンド
○千葉県石油商業組合に加盟する県内のガソリンスタンド
このページについてのお問い合わせ
総合政策部社社会安全課危機管理室 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3442   ファックス:0470-22-8901
E-mail:crisis.mgmt@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?